仕事中の交通事故

仕事中の交通事故というのは様々なケースがあるます。
基本的に仕事中の事故に関しては労災を使用することができるので自分の任意保険を使う必要がありません。


ただし会社での様々な決まりによって労災ではなく自賠責保険を優先的に使ってほしいと言われてしまうことなどがありますので、このような部分に関しては自分が働いている会社としっかりした話し合いを行っていきましょう。
また仕事中の事故と一言で言っても自分の車に乗っている場合と会社で準備されている車に乗っている場合、または自分が歩行者として被害に遭ってしまった場合などでそれぞれケースが変わってきます。


自分が加害者になってしまった場合には上記のとおり労災や自賠責保険を使いながら先方に対しての保証を行っていくというのがほとんどのケースですが、加害者になってしまった場合には、先方がどのような形で保証をしてくれるのか、自分の会社での労災等の扱いについても詳しく話を進めていかなくてはなりません。


もちろん仕事中の交通事故といっても自分が加害者になってしまった場合には、会社側として労災を使いたくはないので、可能な限り自賠責保険を使うように勧めてくるでしょう。
ここで会社側とのトラブルが生じてしまい最終的には交通事故を起こした加害者として会社から解雇されてしまうようなケースもあります。


ご自分が働いている会社で万が一交通事故を起こしてしまった場合にはどのような対処があるのかをあらかじめ確認しておくことが必要になるでしょう。

Copyright © 2014 仕事と交通事故 All Rights Reserved.